歴史

真下商事は、創業者である真下信蔵氏が中国・大連市で貿易会社と高級百貨店「浪華洋行」の経営に携わったところから始まりました。戦前は景気が良かったようですが、戦火の波にもまれ、1945年には大連で90日ほど投獄されるという苦難もありました。ほとんどの資産を失い、信蔵は丸裸同然で日本に引き揚げてきたと聞いています。
帰国後、知人の力を借りて東京日本橋に大連の経験を活かした貿易会社「真下商事株式会社」を設立しました。そこで最初に扱った商品はネクタイでした。ネクタイは場所を取らず、単価や利益率が高いことを見極めての選択だったのでしょう。貿易自由化以前に、浪華洋行で取引のあった海外のブランドに赴き、多くの商品を仕入れました。
戦後まもない時期では、高価なインポート商品など売れないと思われがちですが、実際には日本橋三越の特選を始め銀座の有名店などにマーケットがあり、信蔵は、付加価値の高い商材を扱うことに迷いはなかったようです。つい質の悪い商品を仕入れてしまった際には、「仕入れのミスが会社をつぶすんだ」と叱ったものです。信蔵は多くの商品を見て、その商品の本質を見抜く力を備えていたのです。

その後、真下商事は、「John Smedley」などのブランドを扱い、成長していきます。そして真下商事の子会社として「リーミルズ エージェンシー」を設立しました。それまで百貨店中心であった販路をセレクトショップへと大きく変更するとともに、小売業にも進出し、30年をかけて日本市場で「John Smedley」を育て上げてきました。それに伴い、真下商事で扱っていた「Johnstons」「DENTS」「Pantherella」もリーミルズ エージェンシーで販売するようになりました。状況が変わっても、質の高い商品を誠実に売っていく、という姿勢には変わりはありません。
真下商事は、イギリスブランドの中でも、誠実なもの作りを続ける歴史あるブランドを扱っています。ロイヤルワラントを授与されている「DENTS」を始め、伝統と物作りにおけるストーリー性を持ち、高度な技術や品質の高さが評価されています。そのようなブランドを扱っていることの責任と意味を、改めて思い返す必要があるとも感じています。今でもサンプル品が届けば一番に駆けつけ、隅々までチェックしています。決しておろそかにしてはいけません。ブランドの名に恥じない品を、お客様に提供していく責任があると考えているからです。
イギリスのこだわりと伝統のあるファクトリーブランドを取り扱う会社は、日本では稀で貴重な存在だと思います。私達は、今後もファクトリーブランドビジネスに対する姿勢を変えることなく、英国製品の魅力、伝統ある老舗の魅力、熟練工と機械生産が融合した手のぬくもりを感じる製品を多くの方々に認知、共感していただけるよう、前向きに確かな歩みを続けて、会社の理念「小さくても強い会社」を全うしていきたいと考えています。

内容
1905年石垣庄八が大阪市にある石垣商店の新会社として、大連に株式会社大連浪華洋行を設立。
1935年(株)大連浪華洋行、創立30周年。主要取引先を傘下に置く。
1945年終戦により(株)大連浪華洋行、事実上の解散。
1947年常務取締役の真下信蔵が日本に帰国。
1951年真下信蔵が東京・日本橋に株式会社真下商店を創業。ニット製品を中心とした卸販売を開始。
1960年貿易の自由化に先立ち、欧米諸国の有名服飾雑貨、繊維製品メーカーとの取引を開始。
1963年帝国ホテルで輸入繊維製品雑貨の展示会を開始。
1966年資本金を1000万円に増資、社名を真下商事株式会社に変更。真下信蔵が会長に、真下欣一が社長に就任。
1968年日本橋・小伝馬町にショールームを開設。
1979年英国の高級ニットブランド、ジョンスメドレー社と代理店契約を締結。
1988年(株)リーミルズエージェンシーを設立。ジョンスメドレー製品の輸入販売を本格的に展開。
1997年真下欣一が会長に就任、菅野徹二が真下商事(株)と(株)リーミルズエージェンシーの社長を兼任。
2001年真下商事(株)、創立50周年行事をホテルニューオータニにて開催。
2004年スコットランドの高級ニットブランド、ジョンストンズ社と代理店契約を締結。
2005年真下商事(株)、創立100周年記念式典を開催。真下実が代表取締役社長に就任。
2009年真下商事(株)を資産管理会社、(株)リーミルズエージェンシーを営業活動および販売活動を行なう事業会社として分離。(株)リーミルズエージェンシー取締役社長に長渕靖が就任。
2018年子会社(株)リーミルズエージェンシーを三井物産株式会社の子会社のメルローズに譲渡。本社を目黒区東山に移転。