真下商事株式会社のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

取扱いブランド

DENTS_LOGO
世界最高峰の手袋として知られるデンツの歴史は1777年にまで遡ることができ、その後も確かな技能継承によって礎が築かれています。現在も昔と変わらない手袋作りが行われ、皮革の選定から始まり、 カッティング、パーツ分け、縫製作業、ライニング付け、伸ばし、ラベル付け、そしてパッキング、各工程が終わる毎に注意深く検査し、32もの工程を通過したもののみデンツの手袋となります。このデンツの手袋の特徴であるフィット感は、マスターカッター(親方裁断士)の技術と経験によるところが大きく、長年の訓練修行から生まれたカッターの確かな目と、革を注意深くシェーピング(形作り)し伸ばしていくことが最終のフィット感に影響します。その感触は「手袋をしたまま新聞をめくることができる」といわれるほどです。1953年にはエリザベスⅡ世の戴冠式用手袋も手掛ける名誉を授かりました。

DENTSサイトへ

PANTHERELLA_LOGO
パンセレラ社はイギリス中部に位置するレスターで1937年に創業した高級ソックスメーカーです。創始者は、紳士用品が軽量化していくにつれて、ソックスも軽量化すると予見し、世界で初めてベントレー機械を加工したファインゲージ・ソックス工場を設立し注目を集めました。パンセレラ・ソックスの特徴は”Hand Linked Toe”と呼ばれるつま先の閉じかがり仕上げを全て手作業で行うことにあり、この工程を手作業で行うことにより滑らかで柔らかな均一した繋ぎ目に仕上げていきます。そのため、履いたときの繋ぎ目のゴロつき感がなく、足にぴたっと吸い付くような履き心地が得られます。また使用される糸はすべて厳選された品質のものだけを使用し、同社独自の仕様で撚られています。パンセレラ社のような生産性よりも品質を重視する姿勢は年々稀有な存在になってきており、英国の百貨店ハロッズやセルフリッジをはじめ、高品質な製品作りの姿勢に共感する主要なメンズショップのほとんどに並べられ、紳士ソックスのマーケットリーダーとしての地位を揺るぎないものとしています。

PANTHERELLAサイトへ

Veil_LOGO
美しいネックライン、腕周り、シルエット、そして着心地を追求したカットソーブランド、Veil。John Smedleyのインナーとして誕生しました。どんなウェアとも相性のよい洗練されたデザインです。素材は厳選されたインド産超長綿を使用しています。シーアイランドコットンにも引けをとらないほど繊細で繊維が長いコットンを100/1という極細糸に国内で紡績し、ハイゲージマシーンで編んでからシルケット加工を施しています。シルクのような光沢感のあるラグジュアリーな仕上りになっています。

VEILサイトへ

fanni_lemmermayer_LOGO
オーストリア ウィーンにて1877年に創業の老舗ニットブランド FANNI LEMMERMAYER(ファニ・レママイヤー)は、アンデス地方に生息する良質なアルパカの毛を100%使用し、パール編みという製法で独自のニットを生み出しています。
パール編みとは編地の表裏が無く、縦横に伸縮性があり強度がある。軽くて柔らかく暖かなアルパカの毛を最大限に生かした製法です。自社で糸を紡ぎ、染色する製法も創業より140年続けており、その色の豊富さはニットメーカーでは世界一と言われており、生きているうちに一度は袖を通したいと言われるほどの最高峰のニットブランドです。

FANNI LEMMERMAYERサイトへ

slaith_logo
繊維業が興隆したイギリス北部ハダーズフィールドで生まれたニットブランド SLAITH(スレイス)。伝統的な紡織スキルと最先端技術の融合により、独自の強靭で伸びのある13ミクロンの細いウールを使用し、かつてない手触りと着心地の優れた最高級のニットウェアを提供しております。

SLAITHサイトへ

mashimo_onlineshop
真下商事株式会社が運営する通信販売サイトです。DENTSやPANTHERELLAブランドをはじめ、真下商事が取り扱うブランドの最新情報やアイテムを取り揃えてご紹介いたします。ぜひご覧ください。

MASHIMO_ONLINESHOPへ

歴史

真下商事は、創業者である真下信蔵氏が中国・大連市で貿易会社と高級百貨店「浪華洋行」の経営に携わったところから始まりました。戦前は景気が良かったようですが、戦火の波にもまれ、1945年には大連で90日ほど投獄されるという苦難もありました。ほとんどの資産を失い、信蔵は丸裸同然で日本に引き揚げてきたと聞いています。
帰国後、知人の力を借りて東京日本橋に大連の経験を活かした貿易会社「真下商事株式会社」を設立しました。そこで最初に扱った商品はネクタイでした。ネクタイは場所を取らず、単価や利益率が高いことを見極めての選択だったのでしょう。貿易自由化以前に、浪華洋行で取引のあった海外のブランドに赴き、多くの商品を仕入れました。
戦後まもない時期では、高価なインポート商品など売れないと思われがちですが、実際には日本橋三越の特選を始め銀座の有名店などにマーケットがあり、信蔵は、付加価値の高い商材を扱うことに迷いはなかったようです。つい質の悪い商品を仕入れてしまった際には、「仕入れのミスが会社をつぶすんだ」と叱ったものです。信蔵は多くの商品を見て、その商品の本質を見抜く力を備えていたのです。
“歴史” の続きを読む

会社概要

社名真下商事株式会社
代表者名代表取締役会長 菅野 徹二
代表取締役社長 真下 実
所在地東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル9階
URLhttp://www.mashimo-tr.co.jp
設立昭和26年4月1日
資本金1000万円
決算期年一回 (1月)
事業内容輸入衣料品を中心とした卸売・小売業